FC2ブログ
プロフィール

クッキー&Zil

Author:クッキー&Zil
散歩とドライブが大好きな
2010年生れの
ミニュチュア❓ダックスフントです

いつもは大人しく、
良い子で内弁慶!?

しかし一度スイッチが入ると
手が付けられない暴れん坊に…

こんなおいらですが
よろしくお願いしま~す

U・ω・U ワンワン!



PVアクセスランキング にほんブログ村

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも一覧

アストロタイガーと、エブリィワゴンで車中泊

キャンカーがあると?

温泉めぐりと旅行

コルドバンクスとデジモノと。

キャバリアきなこっチとキャンカーな生活

ラチョレ(LaChoLe)のブログ  『ZIL480Skipで Run~ラン~Run♪』

コルドリーブス☆わんこと 湘南うみべ Drive!!

せんべいじいちゃんの日記

キャンピングカーと犬ちゃんのときどき日記

釣れない釣り師の釣り三昧(^o^)v
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

四国別格霊場五番札所 ★ 小市民であることを再確認!? 大善寺(だいぜんじ)

2015年、春の別格二十ヶ寺巡礼レポートPart5です




須崎市の街中ある小高い山に位置するのが

2015-0781_480.jpg

大善寺です

2015-0782_480.jpg

ちょっと狭い生活道路沿いに

2015-0789_480.jpg

お堂がありますが

こちらは大師堂です






で、ご本堂はと言うと

2015-0783_480.jpg

大師堂脇にある石段を登ったところあるみたいです

2015-0784_480.jpg

えっちらおっちら登ってみると

2015-0785_480.jpg

手造り感満載のモノレールが

「あと少しだよ」とお出迎え






ここで「二ツ石大師」って文字が目に入り

なんだろうと案内板を読むと

昔、須崎の入海は極めて広く、
今の大師堂の地点は海に突き出た岬となっていた
ここにあった「波の二ツ石」と呼ばれた二つの大きな波石は
現在土の中に埋まって見えなくなっている。
当時山越に行くのを常としたが干潮のときはこの二ツ石岬の橋を廻って行くことができた。
ところが同地は波浪いつも岩をかみ「土佐の親しらず」といわれ
波にさらわれて海の藻屑となるものも多く、
その上同地点は、伊予石鎚山の末端にあたるので
身に不浄あるものは、時々怪異に出会うと恐れられていた。

平安朝の初期、弘法大師は四国八十八カ所開祖の砌り
ここを通りかかりそのことを聞いて
海岸に立つ二つ岩の上で海難横死者の菩提の為
海上安全の為に発願され祈願されたのが今の大師堂開基の起源である。
その後「二ツ石のお大師さん」と誰いうとなく言われ今日に至っている


ということだそうです







なるほどとうなづきながら登り切ったところに

ご本堂がありました

2015-0786_480.jpg

なんでもご本堂はもともとここより少し東にあったらしいのですが

江戸時代に宝永地震により津波で

2015-0788_480.jpg

ご本尊の阿弥陀如来は流されたそうで

今のところに移転したそうです





参拝を終え、帰りは気になっていたモノレールに乗って

納経所に向かおうとすると

2015-0787_480.jpg

ズルするなとばかりに

直前で下に向かって動き出しました(笑)




これには苦笑い(笑)




まあ、ゆっくり境内を散策したかったので

石段をのんびり降りて

2015-0790_480.jpg

駐車場の脇を通り、

納経所へ





納経を待っている間

室内を見渡すと…

2015-0791_480.jpg

さっきのモノレールが

片道200円、往復400円という張り紙を見て

乗らなくてよかったねと

ちょっぴりホッとしている自分が

小市民であることを再確認した大善寺でした


四国別格霊場 第五番札所 高野山 大善寺
高知県須崎市西町一丁目2-1
ご本尊は、「弘法大師」
ご詠歌は、「みな人の 善を須崎の高野寺 波の音さえ 法の声かな」
2015年5月6日 参拝





今日も巡礼日記にお付き合い頂き
ありがとうございます

更新の励みにしています
よろしければ
ぽちっと応援よろしくお願いしま~す

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

四国別格霊場四番札所 ★ 美味しい鯖を食べてはダメ(泣) 鯖大師本坊(さばだいしほんぼう)

かなり古いのですが

2015年、春にお参りした

四国巡礼別格二十ヶ寺巡礼

1番から3番まではだいぶ以前にレポート

●四国別格霊場一番札所
一瞬目を疑った? 大山寺(たいざんじ)


●四国別格霊場二番札所
いろは大師に学業成就をお願い♪ 童学寺(どうがくじ)


●四国別格霊場三番札所
修行です修行(汗) 慈眼寺(じげんじ)




●本家88ケ寺巡礼の模様はこちらです
一緒にご覧いただければウレシイです





今日はそのつづき四番札所鯖大師本坊から再開です








四番札所は日和佐からず~っと南に下り

国道55号線沿いに立っている案内看板から

路地に入りJRの高架を越え



赤い欄干が印象的な橋を渡ったところが

2015-0772_480.jpg

鯖大師本坊です

2015-0773_480.jpg

こちらがご本堂

2015-0774_480.jpg

そして大師堂です

2015-0775_480.jpg

なんで鯖大師なの?と疑問に思い

お寺のかたに話を伺いました

なんでも、お大師様がこの地を訪れたとき
通りかかった馬子に積み荷の塩鯖をいただけないかと頼みましたが
ひどくののしられて断られたそうで
その後馬子が近くの坂に差し掛かった時
馬が急に苦しみだしたそうで。
馬子は先ほどの坊様にひどいことをしたバチが当たったと
鯖を持っておわびしたところ
お大師様はお加持水を馬に与えたちまち元気を取り戻したそうで
で、お大師様は八坂八浜の法生島で塩鯖をお加持すると
なんと塩鯖が生きかえって泳いでいったそうです。

そこでこの馬子は、この地に庵をたて
人々の救いの霊場を開いたそうで、
鯖を三年絶ってご祈念すると願いごとがかない、
病気がなおり、幸福になれると広めたそうです


よくわからない話でしたが

要は強欲になってはいけませんってことでしょうか





ということで境内を散策していると

「護摩堂 入洞無料 」とあり

2015-0776_480.jpg

覗いてみると

四国八十八霊場に加え

別格二十霊場と西国三十三観音の

お砂ふみが用意されていました

2015-0777_480.jpg

洞窟内のお砂ふみは

なんとも神秘的です

2015-0778_480.jpg

また西国さんのお砂ふみも

2015-0779_480.jpg

ありがたくお参りさせていただきました

2015-0780_480.jpg

四国別格霊場 第四番札所 八坂山 八坂寺(通称、鯖大師本坊)
徳島県海部郡海陽町浅川字中相15
ご本尊は、「弘法大師」
ご詠歌は、「かげだにも 我名を知れよ 一つ松 古今来世を すくひ導く」
2015年4月5日 参拝





久しぶりの巡礼日記にお付き合い頂き
ありがとうございます

更新の励みにしています
よろしければ
ぽちっと応援よろしくお願いしま~す

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

またまたヘッドライト磨き♪

今夏、田植え直後、夕暮れの

我が故郷の風景です



のどかです




さて、話は変わって

我が家の保有車は

平成17年式のVits号

平成21年式のZIL号

平成24年式のAQUA号と

すべての車両の高齢化が問題となりつつあります




買い替えちゃえば?とごもっとものご意見もありますが

遠征費を浪費する我が家にはなかなか買い替えの決断ができません




だって、せっかくキャンカー買っても

遠征費が捻出できずに

ず~~~~っと車庫のオブジェにするのは

なかなか悲しいですよ




という事で、お金がないなら体を動かせと

せっせと延命工事を実施(笑)




近年の車両で大問題なのが

プラッチック製のヘッドライト

ガラスレンズと違って

軽量だし、デザインの自由度も格段に上がり

スタイリッシュな車も増えてきましたね




しかし、引き換えに劣化で曇ってくるという難点も・・・

2018-1244_480.jpg


以前のヘッドライトのくもり対策は
〇 AQUA号、ヘッドライトのくもりを磨く ♪
〇 ヘッドライトの黄ばみ取り♪
もご覧いただけるとウレシイです♪




様々なケミカル用品やお風呂のルックなど

いろいろなモノを試していますが

水を受けて磨くだけという

カンタンアイテムを今回試してみました

2019-0674_480.jpg




安価で手間いらずって魅力的じゃないですか(笑)





早速チャレンジ 

2019-0675_480.jpg

ヘッドライトをジャブジャブ洗って

2019-0676_480.jpg

パッドの白い面でゴシゴシするだけ




そこそこのクリア感がよみがえりましたよ

2019-0679_480.jpg

もう一つ購入してAQUA号もゴシゴシ

2019-0678_480.jpg

う~ん、いいんじゃない



お値段とお手軽度で合格だと思います



クリア感では

前回実施したお風呂のルックが抜群に綺麗になったのですが

保護コート剤が別に用意しないといけないので

少し面倒でしたね




この商品はコート剤不要ってのが

ポイント高いので

耐久性をしばらく見守っていきますね


2019.4.27~5.6 GW東北・北陸遠征 Finai「秀吉の水攻めにあった備中高松城」♪

最上稲荷から見えていた

備中高松城址

2019-0642_480.jpg

秀吉の水攻めにあった城として有名ですね

2019-0650_480.jpg

ついでの駄賃のおかわりで

2019-0643_480.jpg

立ち寄ってみました

2019-0644_480.jpg

お城といっても、

天守閣などがある近代城郭ではなく

2019-0648_480.jpg

戦いの為の砦

2019-0645_480.jpg

お馴染みの櫓や

2019-0646_480.jpg

石垣などは一切ありませんが

2019-0647_480.jpg

雰囲気は十分味わえました




ということで

計画性のあったようななかったような

2019年のGW遠征

2019-0656_480.jpg

しっかり楽しんで無事帰宅

気になる走行距離は・・・

2019-0653_480.jpg

3000キロまであと15キロ



お疲れ様でした~(^O^)/



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

2019.4.27~5.6 GW東北・北陸遠征 その31「お稲荷さんは神社?お寺? 最上稲荷」♪

「長い回廊どうだった?」と奥様に聞くと

「吉備津神社って知らなかった」と・・・

「米子に行くとき大きな鳥居が見えるとこだったっけ?」とも・・・

「あの~、高速岡山道から見える大きな鳥居は最上稲荷だよ」と告げると

「最上稲荷ってなに?」




ということで

2019-0641_480.jpg

ついでの駄賃で

2019-0627_480.jpg

最上稲荷にも立ち寄りました

2019-0628_480.jpg

最上稲荷は昨日参拝した伏見稲荷と愛知県の豊川稲荷と並び

日本三大稲荷と呼ばれています




と、知った風なことを言ってるシロですが

お稲荷さん=神社と思ってましたが

御本殿には神社の象徴である注連縄の上の屋根を見ると

2019-0629_480.jpg

神明造りではなく、入母屋造りに見えて

違和感を感じていると

2019-0659_480.jpg

最上稲荷山妙教寺と記されています



お稲荷さん=神社ではなく

最上稲荷=日蓮宗の寺



だそうです(汗)



知らなかった



お寺なのに柏手を打ってお参りしてしまったぞ(汗)



ま、いいか(笑)



境内の案内板をみてると

2019-0630_480.jpg

秀吉本陣(一の丸)の文字が目に止まり

2019-0631_480.jpg

さっそく登ってみます

2019-0632_480.jpg

結構な急坂を登ると

2019-0633_480.jpg

案内板にあった妙見堂に到着



その横の階段を登り

2019-0634_480.jpg

ピースと奥様は暑いからといって下で待ってますが

クッキーは大好きな葉っぱの海で

大はしゃぎ

2019-0649_480.jpg

さらに山道を

2019-0635_480.jpg

登ること約10分

2019-0636_480.jpg

ようやく到着です

2019-0660_480.jpg

大鳥居や水攻めにあったことで有名な

2019-0639_480.jpg

備中高松城を一望することができますね

2019-0658_480.jpg

なかなか感慨深いものですね


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村